国語の真似び(まねび) 国語の学習、見直しませんか? 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

古文助動詞がぐっと楽になる!意味のたった3つの「箱」に整理して訳せる! 使える助動詞の理解3 古典文法

いよいよ、古典文法、助動詞の理解のクライマックスがやってまいりました。

ここまでが

1 助動詞を「接続」「意味」「活用」で整理すること

manebikokugo.hatenadiary.com

2 助動詞を「接続」で整理するmanebikokugo.hatenadiary.com

でこのあとが

3 今回ですね。助動詞を「意味」で整理する

4 助動詞を「意味」で整理する その2 未来形の助動詞をまとめる

5 いったん復習 品詞分解をやってみよう

6 助動詞の「意味」の補足集

7 助動詞の「活用」を覚える

というような感じの予定です。6の前には、疑問文の話をいったんはさまなければいけないんですけでね。まあ、こんな感じで助動詞を説明する予定です。夏休み前には、全部説明しなきゃ受験生のみなさんに間に合わないと思うので、なんとかがんばりますが、とにかく、今日がひとつの山です。がんばりましょう。

 「意味」でまとめるってどういうこと?

まずは、「意味」でまとめるっていう方針を説明します。私の文法の説明は、「使う形」で整理するということがひとつの方針でした。さっきの3つの箱の話でやりましたね。

使う形とは、品詞分解のことです。

品詞分解の順番は、

  1. 動詞を現代語でみつけて活用させる
  2. 活用形から接続の箱を使って助動詞にあたりをつける
  3. 助動詞が予測できたら、意味の箱を使って意味をみつける

ということですね。

もちろん、この段階で、助動詞がだいたい何か見当がついているわけですから、覚えてさえいれば、なんでもいいんです。

でも、その場合って、ひとつの助動詞に、いくつかの意味が紐づいていますよね?

たとえていうなら、28人の生徒それぞれを独立して、28人に紐づいた28個のことを覚えている状態です。

これでは、

  1. 記憶の限界を超えている=記憶の限界は7つ
  2. ド忘れしたときにリカバリーする方法がない=それぞれが独立している

というような状態なんですね。ですから、ここに「箱」を並べてリストを作って、忘れたとしても、そのリストを全部広げるような方法をとりたいんです。

ちなみに記憶の話は、こちらです。

manebi.hatenadiary.jp

つまり、品詞分解をしていくときに、ある助動詞が見つかって、ぱっと意味が浮かぶならそれでよい。でも、浮かばなかったときに、この「意味」のリスト=箱を順番にあけて、どこに入っていくか探していく、そんな状況を作りたいんですね。

 「意味」は訳と職能。訳が決まって職能が決まる

では、「意味」とは何なのか?

これは、「訳」ということですね。

「き」=「~た」

咲きき。=咲いた。

というように訳ができること。これが大事です。だって、本文にしたって、問いにしたって要は訳がほしいわけですから。

そして、その訳が何という職能(文法的意味、なんて言いますね)かを知っていること。

この二つ目の職能は、本当はどうでもいいんです。だって、わかれば、訳せればいいんですから。

ところが、訳「~た」なんて言っているとよくわからないから「過去」なんて名前を付けた方がわかりやすい、説明しやすい、となるわけです。

そうすると、今度は入試で、「過去」とか「完了」とか「意志」とか、そういう職能自体を答える問題ができて、そして、試験で問われる。つまり、覚えないといけないわけですね。

こうなると、学習者や先生の意識が逆転して、「職能」で整理して、その「職能」の訳を教える、という逆転現象が起こります。これも古文がわからなくなるひとつの要因。

順番は逆です。決めるのは、「訳」。そう訳すから、ここでの職能が決まる。

これはとても大事なことなので、知っていてくださいね。あとで、未来形の助動詞のところで具体的に説明します。

 まずは整理する「箱」を覚えよう。「当たり前」「現代語」「時制をあらわす助動詞」の3つだけ。

 というわけで、さっそく、意味の箱=リストを覚えましょう。

実は用意する箱はたった3つだけです。

  1. 日本人なら知っていて当たり前=当り前グループ 2つ 
  2. 現代語とまったく同じ、覚えなくていい=現代語グループ 2つ
  3. 残りは全部「時」をあらわす=時制のグループ 2つ + 2つ

です。

当り前グループ

 ここは「打消し」と「断定」のふたつを入れておきます。

打消し…~ない

断定…~だ

現代語グループ

 ここは「受身」と「使役」のふたつ。

受身…れる・られる

使役…せる・させる

時制のグループ

 まず、「過去」と「未来」。現在形は助動詞はいりませんね。

もうひとつは英語をイメージすればわかりますが「進行形」と「完了形」です。

過去…~た・未来…~だろう

進行…~ている・完了=これが現代語では死んでしまっているので対応が難しいのですが、(場合に応じて訳し分けが必要になります)とりあえず、「~てしまう」で覚えましょう。

進行:「~ている」、完了:「~てしまう」ですね。

まずこれを覚えてください。

 

f:id:manebi:20180620133135j:plain

この図が頭の中で再現できるようにしたら、先に進みましょう。

必ず、思い出せるようにしてくださいね。 

箱に助動詞を入れていこう!

 

さて、この箱の引き出しの中に、助動詞を入れていきますが、原則的には2つずつ入ります。この2つを唱えるといいですね。

ひとつのグループに二つの箱があり、その箱にふたつの助動詞が入ります。

日本人なら当たり前に知っている=打消し・断定

打消はひとつだけ 「ず」です。

訳は~ない。

ひとつ、というのもすごいこと。「ず」以外の助動詞に、「打消」と書いたら絶対に×です。だって、打消は「ず」ですから。

断定は「なり・たり」。5回ぐらいとなえてください。

訳は「だ・である」

10円なり、100円なり、というアレです。「たり」は「受験生たるもの」とか、「紳士淑女たれ」とかのやつです。

キテレツ大百科コロ助は、「キテレツ遊ぶなりよ」なんてしゃべるんですが、別名断定のコロ助、でして、「キテレツ遊ぶんだよ」としゃべてるので、口は悪いですね。

現代語と何も変わらない=受身・使役

現代語グループなので、

受身=れる・られる=る・らる

使役=せる・させる=す・さす

ここまで何度も説明してきましたが、「る」をとって上の音をuにするのが古文ですね。

manebikokugo.hatenadiary.com

というわけで、簡単ですね。

残りは全部時制をあらわす=過去形と未来形、進行形と完了形

というわけで、残りは全部、時をあらわす助動詞なんですね。基本的そうまとめて問題ないと思います。

過去:き・けり

訳は「た」ですね。厳密な違いは後でしましょう。今回は説明せず、です。

未来:む・べし

訳は「だろう」でとりあえず。でも、本当は主語で訳し分けをしますよね?その話はまた次回、です。

雨降るべし=雨が降るべきだ、ではなく、雨が降るだろう、ですね。

進行形:たり・り

訳は「ている」。あとで説明します。

ポイントは、文法の教科書に存続・完了とあるからって、勝手にかえて「完了」だけにして、まとめて4つ、としないこと。すぐ説明します。

完了形:つ・ぬ

訳は「てしまう」

単独になったときは、「てしまう」は変に感じるので「た」としてもいいのですが、「た」としてしまうと、過去との差が出なくなり不都合がでてきます。なので、ひとつなら「てしまう」

ここのところ、書いているので、わかっていただけると思いますが、勝手に覚えることを減らさない。何個も訳があるなら、何個も覚えなければいけない。何個もあると混乱する、だから、整理して幹を作る。それから細部にいく、という考え方です。

あれ?

もう少しあったような…

そう思ったあなた。

正しい。

残りは全部、「未来形」の仲間。というわけで、「未来の輪」として、次回まとめて覚えましょう。なので、まずはここまでです。

では、助動詞が言えるかも含めて、もう一度思い出しましょう。

 

f:id:manebi:20180620142114j:plain

進行形の助動詞って何?

 さて、今日の最後です。

進行形の助動詞としていますが、古文では「存続」といいます。なぜ、進行形かというと、もともと

咲きて・あり

が、つまって

咲きたり

になったからです。

咲きて=咲いて+あり=いる

つまり、咲いている。

なので、進行形のイメージです。でも、古文では「存続」ですね。覚えなおしです。

では、これがどうして、完了にもなるのか、ですが、

花なら

咲きてあり=咲きたり=咲いている

なんですが、

雪の場合だと、困る

雪振りて=雪が降って=まさに降っている感じ

あり=それがとけずに目の前に 残っている。

つまり、昨日雪が降って、今日はやんだけど、まだとけないでつもっているよ、が

雪降りたり。

になってしまう。これを「降っている」では困るわけで、これは「降った」の方がよい。だから完了ですね。

花や雪なら明確にわかりますが、人になるとあいまいです。

なので、

原義は「ている」、困ったら「た」

がいいと思います。

助動詞の2/3が終わり

 

これで助動詞の2/3がほぼ(未来の輪がまだですが)終わりです。助動詞なんて楽勝、というのは未来の輪を説明した後にしましょう。