国語の真似び(まねび) 現代文・古文・漢文・漢字・作文・小論文…中学受験から大学受験まで。 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

古文助動詞は「接続」「意味」「活用」の3つの箱に入れて覚えよう!使える助動詞の理解1 古典文法

いよいよ助動詞に入ってきました。とりあえず、助動詞をすすめていくにあたって、大事なことは次のふたつ。

  1. 「使う」形で頭の中に入れておくこと。助動詞を使うのは、本文のわからないところを品詞分解して、わかるようにするため。したがって、品詞分解をどうするかに合わせて整理して覚える。
  2. 助動詞ごとに、必要なことを覚えるのではなく、「接続」「意味」「活用」の3つのラベルで整理して覚える。

この流れにそって、説明していきます。

 「使う」形で覚える

ここまでも、なんのために助動詞を覚えるのか、という話をしてきました。

「意味がわからない」「訳せない」というときに、なんとか「わかる」「訳せる」状態にするためには、品詞分解をする。

ということは品詞分解をするために、文法を品詞分解のために理解する必要がある、ということですよね。

とりあえず、ここまでの話をしつこいですが、もう一度どうぞ。

manebikokugo.hatenadiary.com

何が言いたいかというと、多くの参考書、そして授業は、わかりやすいかわかりにくいか、ではなく、すべて、助動詞を見出しにして、説明をしていきますよね?その大前提は、

「わからない文を見たときに、助動詞が何かわかった」

ということになりませんか?

「そりゃ、その助動詞が何かわかれば、説明を思い出せるけど、そもそも、どうして、それがその助動詞だって、気づくの?」

と不満に思ったことはないですか?

で、そうやって原理的に考えれば、

「形がわかるためには、活用表を覚えるんでしょ?」

ということになります。

でも、本当にそうなら、

頭の中に活用表を広げて同じものをさがす、ということような作業をしているということでしょうか?

まあ、確かに、自分のともだちにはテストが始まった瞬間に、まず、問題用紙を裏返して、活用表を全部書き出して、それからテストを受けるやつがいましたが‥

でも、私はやらないですよ。

というわけで使う順番が、紹介した通りです。

  1. 動詞を現代語で探して活用させる。
  2. 活用形から接続を使ってアタリをつける。
  3. アタリがついたら、意味をみつける。

という順番ですから、「接続」「意味」、そしてなくても大丈夫と言えば大丈夫ですが、一応、「活用」という順番で理解するのがいいのです。

「接続」「意味」「活用」の3つのラベルで整理していく

つづいて、記憶の原理からの説明です。

助動詞のひとつずつについて、何を覚えるのか、というラベルをつけると、

  1. 意味=訳
  2. 接続
  3. 活用
  4. その他

というようになっているのがわかります。

ちなみに活用表で覚えているとすると、4のその他はほとんど関係なくなっています。と考えれば、これから私が説明することはとても重要なことなのですが、とりあえず、先に進みますね。

ということは、

助動詞×(3+1)×助動詞の数(=実際は28とかになりますが、まあ、無限のように見えてますよね。)

 という形で私たちは記憶をしていることになります。

ここでまず、問題となるのが、助動詞の数です。

これを把握していないとすると、助動詞がまるで無限のように感じてしまいますよね?

学び方のページで記憶の仕組みを説明しました。

記憶の限界は7つ。これを越えるときは整理が必須です。

manebi.hatenadiary.jp

というわけで、(3+1)×無限のように見えるもの、では、そもそも覚えられるわけがないんですね。

これをどう整理するかといえば、助動詞で区分けすることをやめればよい。

これは例えていうなら、

クラス全員の名前(助動詞そのもの)と、クラブ(接続)、住んでいる市町村(意味)、生まれ月(活用)を覚えるとして、40人ぐらいの以上の情報を、一人ずつ覚えていこうとするようなもの。最初の7人ぐらいはなんとかなってもあとは苦しくなります。

もし、これを、

  1. クラブで分類して、名前を言う
  2. 住んでいる市町村で分類して、名前を言う
  3. 生まれ月で分類して、名前を言う

ということができれば、実は、覚える数は同じですよね。

つまり、助動詞は

  1. 接続で分類して、助動詞が言える
  2. 意味で分類して、助動詞が言える
  3. 活用で分類して、活用が言える

ということができれば、基本的には全て終わるわけで、最後に

4.その他

をついでにまとめればよい。

こんなのは、枝葉(=といっても難関校では枝葉が問われるんですけどね)ですから、まず、幹や骨格をしっかりおさえることが大事なんですね。

これも、実は、古文学習の大きな問題点。

幹や骨格を理解していないのに、いきなり枝葉まで覚えようとするから、整理もつかず、めちゃくちゃになっていくんですね。

そのあたりは、これから書かなければいけませんね。結構、できない人の学習形態です。

× いきなり、細かいところまでつめて、時間をかけて少しずつゴールにたどりつく

〇 とにかく、全体像を把握する。少しずつつめていく。5回目ぐらいでようやく細部に入る

ということが大事なんです。

とりあえずここまでだと、この話が近いかもしれません。(早く教科別学習法をかかなくちゃ…)


manebi.hatenadiary.jp

というわけで、ありとあらゆるすべての助動詞の教科書は、

  1. 見出し=助動詞
  2. 意味の説明
  3. 活用の説明
  4. 接続の説明
  5. その他、めんどうくさいことの説明

を見出し=助動詞の数だけ繰り返す

という形になりますが、

私の説明は、

  1. 接続を言えるようにする
  2. 意味を言えるようにする=意味で分類したマップを覚える
  3. 活用で分類して、整理する
  4. 細かいことを付け加えていく

という順番になります。

というわけで、いよいよ次回から、ここまでの学習方法の理解を使って、助動詞を一気に解決したいと思います。