国語の真似び(まねび) 国語の学習、見直しませんか? 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

文法で得点を。読んで、読解を。 古文の学習に入る前に

 これから、高校生以上を対象に、古典(古文)の学習についても書いていきたいと思います。これは、少しずつ進めて、文法の解説や単語の理解、読解の練習まで、最終的には、古文学習がきちんと自分でできるところまで、書いていくつもりです。

で、一応最後の方に、小学生のお子さんをもっている人向けのお願いがありますので、省略したい人は目次からぽんととんでください。お付き合いいただけるなら、どうして、古典を小学生で必要なのかにつながる話も読んでみてください。

 まず、今日は古文を学習する上で、文法や読解とはどういうものなのか、ということを中心に書きたいと思います。

だいぶ、最近の古文学習は進化してきたような気がする一方で、昔よりもさらに学習方法がマニュアル化してしまい、文法の学習に特化してしまっている気がするからです。

何のために、「文法」を学ぶのか?

これは文法を学ぶ前に、ぜひとも知っておいてほしいと思うのです。

どうして、模試で点数がとれないのか?

 模試で得点がとれない理由は何なのか?

たいていの場合、それは「読めないから」だと思っています。

では、なぜ、古文が読めないのか?

ここで、急に学校の先生や塾の先生が

「基本的な文法事項が欠如しているから、読めないんだよ」

とささやいてくるわけです。

かくして、

「ぼくは読めないから、まず文法をやろう」

となるわけです。

さて、文法をやったところで、はたして本文が読めるようになるのか?

まあ、その是非はおいておくとして、なかなか読めるようにはなりません。時間がかかりますからね。

そうすると、

「まだ読めない。まだぼくは入試問題に取り組む実力がない。もう少し、基礎=文法を徹底しよう」

なんていう発想になります。

私のいる学校はそこそこの進学校ですが、英語もふくめて、本当にこういう生徒がたくさんいます。

「塾の先生が、まず文法、夏までは文法といったから、夏までは文法だけをやります」

なんて面談で発覚したりするんです。

塾の先生だって、「まず文法」といったのであって、読解をするな、なんて言ったつもりはないと思うのですが、読解より文法の方が学習しやすい、というか、学習するものがはっきりして、覚えるか覚えないかですから、とにかくこんなことになるのです。

よく考えればわかりますよね?

文章を読まなければ、読解力はつきません。当たり前です。

現代文のところでもしつこく書いてきたので、だんだん理解していただけると思いますが、そもそも、言語を獲得するのには、シャワーのようにあびることが大事で、「文法がわかったら話せる」ようなものではないのです。

話がわかるようになりたい=読解力をつけたいなら、まずは読まなければいけません。

この話はまた、後で説明するとして、

では、たくさん文章を読んで、(文法力はあまりついていないとしましょう)話が読めるようになってきたとして、では、問題は解けるでしょうか?

実は、得点は上がってきますが、満点にはなりません。つまり、話がわかっても、得点できるとは限らないのです。

問題に答えること~問題文の意味

模試や入試の問題パターンは大きく分けて次の三つです。(実際は、物語と評論で出題の仕方が大きく変わるのですが、これはまた別の機会に。古典では多くが物語前提で指導されています。)

  1. 傍線部についてどういうことか説明しなさい(または、現代語訳しなさい)
  2. 傍線部について理由を説明しなさい
  3. 本文と照らし合わせて、正しいもの(まちがっているもの)を選びなさい

もちろん、細かくいえば、違うパターンの問題(たいていは文法題です)もたくさん出ますが、大きくはこんなところです。

 よく、塾などの受験指導では、

「選択肢が本文と照らし合わせたときにあるかないか、正しいか正しくないか照合するんだ」

というようなことがいわれますが、非常に危険です。

なぜなら問題は「選択肢は本文にありますか」ではなく、「傍線部の正しいものを選べ」だからです。これは現代文にも共通する大事なことです。

もう少し説明します。

選択肢を本文と照合する場合、選択肢ごとに本文を読みます。そして、本文にあるかどうかを探します。

実際の指示は、「傍線部の解釈として正しいもの」ですから、「傍線部→選択肢」だけでよいのです。

たとえば、次のような本文を考えて見ましょう。

このブログは、国語の勉強法について語っている。おもしろく、生徒を引きつける。ただし、内容が難しく、理解しにくい。決して多くの人がこの存在をしらない。だから、このブログの有用性は低い。

この傍線部について、次の中から正しいものを選びなさい。

  1. このブログの内容は、現代文や古典の学習方法だ。
  2. このブログは興味深い内容で、魅力的だ。
  3. このブログはわかりにくく、あまり役に立たない。
  4. このブログはまだ多くの人に知られていない。
  5. この国語のブログは存在価値がない。

さて、どれが正解ですか?本文にあるかないか、なら、全部ありますよね。正解は1です。なぜなら傍線は「国語の勉強法について語っている」だからです。

つまり、答えを選ぶのに、極端な言い方をするなら、

「本文はいらない」のです。

ちょっと言い過ぎですね。実際には、答えをしぼるときに、

  1. 内容としてただしいもの=本文が読めているかどうか
  2. 形式としてただしいもの=傍線部がきちんと訳せたかどうか

のふたつの観点から決まります。

たとえば、五択あるとすれば、1の要素が○、2の要素が○で正解で、残りはどちらかが×。そして、1の要素が二つ以上、2の要素が二つ以上あるなら、これで、5択できあがり、です。

よく、「最後の二つまで絞れるけど…」なんて人がいますが、これはたいてい、1だけか、2だけかしかやっていなくて、どちらかの作業が抜け落ちているから、決めきれないケースが多いんです。これはこれでまたの機会に詳しく説明しましょう。

というわけで、答えを選ぶためには、

「なんとなく全体として話がわかる」

ではなく、

「傍線部が完璧にわかる」

という必要があるんです。

わからないところ自体を考え続ける

では、傍線部がかりにわからなかったら、どうすればよいでしょうか。

これは、わからないところそのものを考えるしかありません。

たとえば、次のような場合はどうでしょう

私は○○○だから、ふられた

○○○に入る言葉は何でしょうか?

わかるわけがありません。何でも入ります。

仮に、直前に「財布の中はからっぽだ」とあったとします。ここで推測していいでしょうか。

貧乏だから、おごらないから、レストランの食事をけちったから、タクシーを呼ばなかったから…

まだまだ何でも入ります。

そもそも、

ブサイクだから、性格がわるいから、運が悪いから…

など、財布が空であることと関係ない言葉も入るでしょう。

わかりましたか?

こうなってくると、わからないそのものをがんばって訳す、しか方法がない。

その時に使うのが文法と単語なのです。

直訳と意訳 意訳ってなに?

 さきほど書いたような作業を生徒はよく意訳と呼びます。

「わからないから、意訳するしかない」

なんていうように生徒は使うわけです。しかし、これは意訳ではなく、推測、いえ、あてずっぽうであることがわかります。

意訳とは、直訳ができたときにはじめてするものです。

たとえば、次のようなものはどうでしょう。

昔、世心づける女いかで情けあらむ男に会ひ得てしがなと思へど…(伊勢物語

世は恋愛ですから、恋愛の心がついた女、まあ、恋心を忘れない女ぐらいの感じですね。(これも意訳)

さあ、問題は「情け」です。どうですか?

「情けは情けですよ」と生徒はいいます。

「情け容赦ないの「情け」です」

「あ、だから「思いやり」か」

いえ、これではまだだめですよ。

私が、彼女に「思いやりのあるような男」を紹介します。そうですね。たとえば、おじいちゃんとか。思いやりありますよ。

「情けには「風情」という意味があります。思いやりがあって風情がある男で…」

じゃあ、俳句がうまく詠めるやさしいおじいちゃん?

「若くないからだめです」

じゃあ、俳句がうまく詠めてやさしい、太ったブサイクの青年だったら…

「だめです。つきあう対象なんだから」

そうですね。ここでは「いい男」ってことですよね。

これが意訳です。風情=おしゃれでファッショナブルと理解しておけば、正解には行きやすくなりますが、それでも意訳は「いい男」。

つまり、

訳せるけどわからない=直訳したけど通じない

その時は「意訳」です。ここに単語や文法力は関係ない。

逆に、

訳せない=直訳できない

その時は、がんばるしかないのです。

直訳をするために

そろそろ今回は終わります。その直訳をするために必要なことが、

品詞分解です。

  1. 訳せない
  2. だから、どんな語があるか分解する
  3. 丁寧に訳す

ということなんです。

逆にいえば、訳せるところは品詞分解しなくてよい。だって、訳せるということは、どんな語が入っているかわかっているに決まっているんです。

 生徒たちは品詞分解を、「いやがらせ」のように思っています。

一方、国語の先生も、国語という科目の中で、「唯一の正解」を示せる便利な道具として、文法=品詞分解を使っていく傾向があります。

つまり、古典を教えるとき、品詞分解をして、文法説明をしていけば、なんとなく「教える」ことができてしまうわけですね。でも、これは「真似び」ではありません。鞭をもってこどもを縛る「教え」です。

これでは、古典が嫌いになるのも当たり前。

 そうです。

「わからないときこそ品詞分解」

なんです。

じゃあ、どうしろっていうの?わからないのに、どうやって品詞分解ができるの?

もちろん、そのためには、文法の知識が必要になりますが、問題は知識の入れ方です。

簡単に書くと、点数をとるためには

  1. 知識をつめこむ
  2. 知識を引き出す=知識の使い方、使う練習

という作業が必要ですよね。

だから、最初の話に戻ると、いくら文法が基本であっても、文法を詰め込むだけではだめで、文法を使う練習をしなければいけないわけです。

それはひとつは、読解をすること。

もうひとつは入試問題を解いて問に答えていくこと。

でも、冷静に考えてみれば、

詰め込む段階から、引き出すように知識をいれておけばよいと思いませんか?

何も全部教科書の順番に理解しないで、品詞分解で文法を使うところをまず理解すればよい。

ということでいうと、品詞分解で使うことは、

  1. 動詞を探して、活用させる
  2. 助動詞の接続の分類を理解して、言える
  3. 助動詞がわかったら、その意味=訳が言える

というたったこれだけです。なのでまずは、この順番で文法を理解すればよいわけです。でも、ここはこのあと少しずつ説明します。

読解と単語~名作を読もう、暗唱しよう

最後に、今回のまとめとして読解の話をします。

簡単にいうと、読解力をつけたければ、いっぱい文章を読もうね、ということです。そして、これはとにかくたくさんやっておきたい。

だから、文法が先ではなくて、読解が先なんです。とにかく、古典をいっぱい読もう。多少訳がわからなくても、暗唱してしまおう。

日本の古典の名文、冒頭文、百人一首

とにかくいっぱい読もう。究極いえば、意味なんてわからなくていいから。

まず、古典的なものの言い方が少しでも、身につくと、文法がぐっとわかりやすくなります。小学生以下のお子さんをお持ちなら、あとは唱歌を聞かせてください。

仰げば尊し

「夏は来ぬ」

「浜辺の歌」あした、はまべをさまよへば‥

「ふるさと」うさぎおひしかのやま‥

ちょっとひっぱるだけでも、古典のなんとなくの意味がすっと入ってますよね。

こういうのが入っていると、古典はぐっと楽になる。

さて、高校生以上にもどります。

高校生以上でも、こういう作業から入ってほしいのですが、余裕がないなら、

まず、毎日古典を読む。

でも、意味がわからないとつらいから、先に訳を読む。そしたら音読する。文の対応なんて気にしない。

日本語吹き替えの映画を見て、頭に入れてから、英語を聞く、という手法ですね。

そして、本当の最後に、どうしても早く古典を自力で読めるようになりたいなら、文法よりは単語です。

単語がわからなければ、わかるわけがない。赤ちゃんは、ものと単語を対象させて、すこしずつ話せるようになっていく。

だから、まずは、単語さえ覚えてしまえば、文法なんてわからなくてもなんとかなります。逆に文法がかなりわかっても、単語がわからないと、ほとんど読めません。

当たり前ですね。

というわけで、古典の話も少しずつ前にすすめていきます。具体的な文法の話もしていきますよ。